食事中も体は脂肪を燃焼させている

ダイエットにおいては脂肪の燃焼が重要ですが、実は食事中も体は脂肪を燃焼させています。快糖茶の悪い口コミを徹底検証!

1日で消費するエネルギー量の中で大半を占めているのは、安静にしていても消費される必要最低限のエネルギー量である「基礎代謝量」で、これは70%といわれています。

運動などをした時に使われるエネルギー量が20%ほどで、残りの10%は食事をしたことで消費される「食事誘発体熱産生」です。

1日に1,800kcalを摂るとすると、10%は180kcal・1食分は60kcalとなり、体脂肪1kgは7,200kcalに相当するので、120日で1kgの体脂肪が溜まることになります。

朝食を抜きにして、その分を昼食と夕食で賄うとすると、4ヵ月ごとに1kgずつ増加することになり、1年で3kgも体脂肪が増加することになります。

ちなみに、糖質に含まれているブドウ糖はエネルギーになりやすいという性質を持っており、ブドウ糖を摂取することで筋肉細胞での脂肪の分解も促進され、脳の機能も向上します。

脳は、1日に必要なエネルギー量の30%ほどを占めており、ブドウ糖が足りなくなると全身の機能も低下します。

この低下した代謝分も含めると、低下するエネルギーの量は3倍にも上るといわれています。