今後も進化していくであろうカラオケに迫る

あなたも楽しんだことがあるであろうカラオケのカラは[空]、オケは[オーケストラ]の略です。

1990年代にカラオケは国内で大ブームになり、ありとあらゆる場所に店が乱立していたのが当たり前になっていました。しかも店に入ったとしても大勢の人が訪れているのを目の当たりにし、すぐに部屋へ移ることができずに順番待ちをする状態でした。

CBDMAXの口コミと効き目!

当時のカラオケの音源はレーザーディスクが主流で限られた歌だけだったため、希望のものがなかったりして落胆したこともありました。一方で現在では選曲をするのにリモコン式からタッチパネル式へとさらに手軽にできるようになり、音源も通信カラオケがメインで配信曲も膨大な数へと変わってきているのです。アニメから演歌やJポップなどありとあらゆる曲がリクエストできるようになったものの、マニアックなものはないこともあります。

さてカラオケの原点の1つと言えるジュークボックスはスナックやバーが主な活躍の場であり、お酒が入ってそのついでとしてみんなの前で歌うのが本来の楽しみかただったと思うのです。

しかし現在は1人でもカラオケを楽しめるルームなどが登場しており、時代のニーズに答えられるように様変わりしてきています。

そのほかにも歌った曲の採点をしてくれるシステムも導入され、楽しさをさらに倍増させてくれているのです。

最近はAI機能によって東京ドームなどで自分が実際にコンサートを行っているような雰囲気が体験でき、ただカラオケで歌って楽しむのは時代遅れになりつつあります。

私の知っているカラオケは歌ったあとに消費カロリーがでたものの、しばらくごぶさたなのでどう進化しているか逆に行くのが怖いです。

ただ今後も新たなものがでてくるのか楽しみな部分でもあり、目が離せないのがカラオケなのかもしれません。