ガム・タブレット・飴 勝手に評価してみました。

食事の後や口の中が乾いてきたときはどうしても口臭が気になりますよね。
特に大切な商談やデートの前など口臭が気になるシチュエーションに限って緊張で口が乾いてしまい、
集中できずに時間を過ごした方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき手軽に予防できるグッズとしてガムやタブレット、飴が挙げられますが、実際にはどれが一番効果があるのでしょうか。
筆者が調査してみました。(100%主観です。ご了承ください)
また、評価基準は口内の潤いをどれくらい保てるかとしました。

イニオの効果は?購入して3ヶ月飲んだ私の口コミ&評価を暴露!

・ガム(ミント系 板):咀嚼数が多く唾液が多量に分泌され、口内が潤っている時間が長い。ただ、味が無くなると噛むという行為が苦痛になってくる。
・タブレット(ミント系):一瞬すっきりはするが、唾液の分泌量は少ない。
・飴(のど飴 柑橘系):意外と口の中が良く動き、潤いを保てる。ガムと同じくらい長持ちするし苦痛もない。

以上の結果から、飴>ガム>タブレットの順番になりました。
ただ、効果の大きいガムと飴は使える場所を選ぶが、効果の薄いタブレットは最も手軽に使えるなど、
シチュエーションによって左右されるとも感じました。

どれも一定の効果はあるので、いずれにせよどれか一つは携帯しておくと安心ですね。