自分の髪を受け入れる

私は、髪に強いコンプレックスがありました。両親が天然パーマで癖が強く、私も同じ癖の強い髪なので、幼い頃からストレートに憧れがありました。

艶黒美人の悪い評判を徹底調査!効果なしで効かないという口コミは嘘?

梅雨の時期や汗をかいた後は、朝セットをしても意味がなく、どうしようもできないくらい癖が出るので、困っていました。高校生になった時、初めて縮毛矯正に出会いました。

その時代は、縮毛矯正でストレートな髪型が流行っていた為、私も挑戦することにしました。生まれて初めてストレートな髪型になったときは、とても嬉しかったことを覚えています。しかし、大人になって、その気持ちが変化してきました。時代の流れでストレート過ぎず、癖を生かした髪型が好まれるようになり、美容院のメニューにも縮毛矯正の他に、ニュアンスストレートなどのメニューもあります。

髪の毛の表面や根元だけを軽めにストレートにできるのです。私は、ストレート過ぎるのは苦手だったので、縮毛矯正ではなく、ニュアンスストレートでお願いしています。

また、子どもの頃は、何でこんな髪なのだろうと自分の髪がとても嫌いだったのですが、この髪で生まれてきたので、もっと受け入れて、今では癖を生かした髪型にも挑戦してみようと思えるようになりました。