年齢とともにできるほうれい線の原因などについて

ほうれい線ができると実年齢より老けて見られます。そんなほうれい線の原因についてご紹介します。

ほうれい線は年齢と共に肌の奥の真皮のコラーゲンが劣化し、減少することで発生します。
また、表情筋委縮、脂肪組織の劣化によって悪化してしまいます。

シロジャム

ほうれい線をより悪化させる原因

紫外線を長時間浴びる。肌を乾燥させる。表情の癖。などによってほうれい線がより悪化します。

紫外線を長時間浴び続けると、真皮がダメージを受け、衰えさせます。
同じように肌の乾燥も真皮に負荷をかけ、コラーゲンやエラスチンが減ってしまいます。

なので外出する時はUVケアを。普段のお手入れでは肌の保湿を忘れず行います。

表情の癖は、特に口輪筋と呼ばれる表情筋が影響しています。
口輪筋は、口の周りに存在する筋肉で、口を閉じたり、口を前に尖らせる働きをします。

長年の癖はなかなか治るものではありません。
そこで、普段の食事で硬いものを食べたり、ガムなどを食べて口輪筋を動かしてほぐしましょう。

ほうれい線を予防するには

ほうれい線予防に効果的なのは、肌の奥にまで浸透する化粧水や、美容クリームを使用すること。顔の筋肉をよく動かすこと。これらをしっかりやればほうれい線の予防や改善に繋がります。